ウソのウェアを手作りする(2)

ドラキュラのマントは、ハロウィンでの各種ウソに使えると思います。
男子だけでなく乙女に一番人気の「デビル」にも使えますので、娘が乙女であったなら、デビルの衣装の方を手作りしてみましょう。
娘のデビルですから、大して仰々しい衣装ではなく、眩しいデビルが良いですね。
例えば、お姫様などのウソも払える「チュチュ」を一門手作りしてみませんか。
マテリアルはオーガンジーかチュールを用意し、ウエストそばで使用する違いがワイドのゴムも必要です。
デビルで使用する場合には、黒が理想的ですが、紫や赤もファッション次第でしっかり、デビルっぽくなります。
乙女が好きなピンクも良いと思います。
また、色調をミックスしても素敵です。
娘自身でも決めることが可能なぐらい、大いに簡単な作り方をご説明いたします。
本格的に焼けるクライアントは本格的に作ってくださいね。
1、前準備として、オーガンジーかチュールを2~3cmくらいの違いに細く切って置き、ゴムは娘のウエスト分量で、激しくない傍に敢然と結んでおきます。
2、2~3センチ違いに切ったマテリアルを二つ折りとして、見てくれが逆映像単語バージョンになるように手で持って下さい。
3、輪になったゴムの一部(どこでもかまいません)に、逆映像単語のみっちり折れ曲がってある陣頭ゾーンを重ね合わせ、逆映像単語の下のクライアントのひらひらした2当のゾーンを陣頭の△の部分に通して、ゴムに敢然と結び付けます。
4、それを、ゴム1周食い分、切ったすべてのマテリアルで行なうだけで体積のあるチュチュの出来上がりだ。
お好きな体積にするために、マテリアルを足したり、切り落としたりください。
マテリアルの長さにて、少ないチュチュも長いチュチュも簡単に定めることができますね。
チュチュが1枚いらっしゃるだけで、ウソの衣装がグンとそれっぽくなったり、美しくなったりしますので重宝しますよ。
乙女も大喜びすると思います。
ハロウィンの衣装を、なるべくお手軽に作りたいというかたにおすすめです。ミュゼ滋賀で両ワキ美容脱毛コースでオトクに素肌美人